GACKTの仮想通貨

Googleのアルゴリズムが変わっているようで、

「検索順位が落ちた」
「アフィリエイトで食えなくなった」

といったツイートがあちこちで散見しています。
 

アフィリエイトなどの場合は、ある商品を売るために記事を書くわけなので、アルゴリズムが変わって検索順位が落ちると、当然、その商品は売れなくなってしまいます。

また、アフィリの商品が販売終了した場合も、その記事は使えなくなってしまいます。

常に二重リスクがつきまとうというわけですね。
 

自分の商品をつくって売ることができればこういったリスクは軽減できるようになります。

基本的には、メルマガマーケティングの先にコンテンツの販売があるので、主要記事のアクセスが落ちたら、次にアクセスが高い記事を前面に押し出してリストを獲得していけば問題ないわけですから。

自分の商品をいつ販売終了するのかも自由です。

セールス期間も単価の設定も自由なので、新商品企画や開発の期間が常に確保できます。
 

要は、自分の領域でビジネスができるので、そういったことに魅力を感じてnoteの販売やコンテンツ販売に興味を持つ人は僕の周りでもかなり増えています。

今回のオンラインサロン募集の対象者も、進めてはいるけどなかなか上手くいかない、あるいは、踏み出してはいるけど、「さぁこれからどう進めていけば良いか」という足踏み状態の方が多いと思っています。
 

で、すでに数名の方から参加表明をいただいているわけですが、ちょっと情報を見させていただいたところ、どうもビジネスが停滞しているようには見えず、むしろ上手くいっている印象さえ受けます。

これ、どういうことかというと、進む人は常に進んでいくということなんですね。

どうしようか迷っていたり、手探りで這うようにズルズル進んでいたり、そういう人を尻目に前進し続けているわけです。
 

そりゃ、いつまでも差は埋まりません。

今日たまたまGACKTさんの記事を見ましたが、観客のままでいるか打席に立つかなんですよね。

【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html
 

立ちたいと思う打席を探しているなら、試しにこのオンラインサロンに来てください。

この中にいてもらっている間は、僕が徹底的にサポートするので、何十回でも空振り三振してもらって大丈夫です。

というか、そうやってチャレンジをして、空振りからゴロ、ヒットという流れを踏んでコンテンツメイクのスキルは身についていきます。
 

ベストセラー作家でも目指さない限り、僕らはホームランを打つ必要はありません。

意図的にヒットを量産できるようになれれば、あらゆる「書く」をマネタイズできるようになり、ビジネスモデルも構築できるようになります。

このサロンの中で僕が教えることは、ライティング云々の小手先テクニックだけではなく、これからの時代におけるマーケティングの本質をしっかりリンクさせていく内容なので。
 

僕や仲間とともに新しい打席に立ちましょう。

■Contents Creators Club
https://change-consul.factdeal.co.jp/ccc/


2時間で問題点、課題設定、アクションプランまでを明確化。

長期的なコンサルティングを受けられる前に、まずは単発セッションをご利用ください。ポイントさえわかれば、ご自身でマーケティングを実践できる場合もあります。

2時間セッションの詳細を確認する